屋上には防水加工が必要不可欠【より長く良い状態を保てる】

記事一覧

雨漏りが及ぼす影響

工具

屋上の防水工事に取り組む際に重要なことは予算委合わせた方法を考えることです。一般的に塗料を用いた防水法が取られますが、塗料のグレードや施工法によって価格が異なります。耐久性を重視で取り組むか、価格重視で取り組むかを決めておきましょう。

詳しく見る

建物への浸水を防ぐ

雨

上部が屋上になっている住宅は、雨天時に溜まった水の影響を受けて水漏れや腐食などが起こりやすいと考えられています。それを防いでくれるのが屋上への防水施工です。特殊な材質を屋上の床面に貼り付けるなどして、家屋を劣化から守ります。

詳しく見る

面積と塗料で費用は異なる

女の人

屋上の防水加工は専門業者に依頼します。ただし、業者によって提案する加工方法や費用は異なるため、見積もりを出してもらい、複数の業者間で比較することが大事です。それから、屋上が広ければ広いほど費用もかかります。

詳しく見る

適切に自宅を保護しよう

積み木

外装塗装業者は一戸建ての屋上防水施工にも対応しているので、検討しているなら工法を選択した上で調査依頼を出しましょう。現地調査を行ったのち、施工の必要があればその場で依頼を出すことができ、各業者適切に施工を進めてくれます。

詳しく見る

家屋を長持ちさせる方法

一軒家

マイホームを少しでも長く維持したいのならば、屋上の防水工事が必要です。雨水の屋内への侵入は家屋の劣化を促進させるからです。工法は防水シート工法やウレタン工法 、FRP工法があります。工務店のスタッフとよく相談して選択して下さい。

詳しく見る

雨漏りを防止できる

住宅

加工方法とそれぞれの違い

屋上防水することは、雨漏りを防ぐために最も重要になる。これらの屋上防水にはいくつかの方法があり、それぞれ特徴がある。もっとも一般的に行われているのが、防水シートによる方法である。屋上にビニール上のシートを敷き詰め加工するという方法で、ビニールは水を通しにくいため、隙間なく敷くことで雨漏りを防止することができる。また、ウレタン防水も広く利用されている方法である。ウレタン防水では、液状のものを何度も塗り重ね防水加工する方法で、液状のものであるため、屋上の形状が複雑な場合などでも簡単に加工を施すことができる。ウレタン防水では、ペンキを塗るような感覚で加工することができるため、短時間での対応が可能という特徴がある。その分、比較的費用も安く済む特徴がある。これらの加工方法では、それぞれメリットとデメリットがあるため、より良いものを選択して対応することが重要である。また、費用も大きく変わるため効果と費用面の比較検討も重要だといえるだろう。防水対策では、経年とともに劣化しやすいものだ。特に屋上では直射日光を受けやすく、雨風にも常にさらされる場所でもある。その為、定期的に状態を確認したうえで、問題がありそうな場合には早めの対策が重要になる。最近では、紫外線などによる影響を受けづらく、劣化ができるだけしないような加工方法も出てきている。その為、費用面と合わせ耐久性などの点からも比較すると、より長く良い状態を保てる。

Copyright© 2018 屋上には防水加工が必要不可欠【より長く良い状態を保てる】 All Rights Reserved.