屋上には防水加工が必要不可欠【より長く良い状態を保てる】

記事一覧

家屋を長持ちさせる方法

一軒家

家屋を雨水から守る

念願のマイホームを購入して終の棲家にするため、少しでも老朽化を防いで長持ちさせるには定期的なメンテナンスが必要です。室内設備も大切ですが、屋外の設備も非常に重要です。長年雨風にさらされると、どうしても傷みが早く劣化していきます。特に問題なのは屋上の防水の劣化です。施工時に防水処理を施しても、永久に保つわけではありませんので、次第に劣化してきます。屋上の防水が劣化すると雨水が家の内部に侵入し雨漏れや建材を劣化させますので、何らかの対策が必要です。素人での工事は不可能なので専門の工務店に防水工事を依頼するのが良いでしょう。屋上の防水工事には色々な工法があります。まずは塩ビやゴム系の材料のシートを敷き詰める防水シート工法です。施工が簡単なので工事期間が短くてすみますが、屋上の形状が複雑だと端の方までシールできないデメリットもあります。次に多いのがウレタン工法です。液状のウレタン樹脂を隅々まで塗布する工法で隅々までキレイに仕上がりますが、塗装ムラや乾燥後の衝撃に弱いという欠点もあります。FRP樹脂を塗布する工法もあり、乾燥が早くて強度も強いという利点があります。どの工法もメリット、デメリットがあるのと価格も異なりますので工務店のスタッフとよく相談して選択して下さい。屋上の防水工事をすると決めたら、まずはお近くの工務店に出向くかネットを利用するかして工事費用の見積をとりましょう。現地を見てもらって見積をとるのが確実です。

Copyright© 2018 屋上には防水加工が必要不可欠【より長く良い状態を保てる】 All Rights Reserved.