屋上には防水加工が必要不可欠【より長く良い状態を保てる】

記事一覧

面積と塗料で費用は異なる

女の人

業者ごとに確認しよう

屋上のある住宅が最近はとても増えてきています。特に三階建てにする住宅に屋上を設けることが多くなっています。屋上で洗濯物を干したり、ちょっとした憩いの場としてテーブルと椅子のセットを置いたりというように、様々な用途で利用できて便利です。そんな屋上には屋根がないため、当然、雨ざらしになってしまいます。雨ざらしにしておくと屋上の劣化が進んでしまうことから防水加工をしておきましょう。その方が住宅を長持ちさせることができます。防水加工は専門業者に依頼しましょう。ただし、業者によって提案する工事内容や費用は異なるので、よく比較してから依頼することが大事です。見積もりを出してもらうのは無料でできます。複数の業者から見積もりを出してもらい、比較してみるのもいいかもしれません。また、防水加工といっても使う塗料でも費用は異なるので、この点も確認すべきです。主にウレタン防水やシート防水、アスファルト防水といったものが挙げられます。これらの特徴を理解した上で、どれが適切なのか検討してみましょう。当然、多くの人はこの手の専門家ではなく素人なので、どのタイプがいいのか分からないはずです。専門業者とよく相談して決めることをおすすめします。例えば、ウレタン防水なら1平米あたり7500円からという業者があります。もちろん、屋上の広さによって費用もかなり違ってくるため、10万円以上することもよくあります。広ければ広いほど費用もかかるので、この点も覚悟しておきましょう。見積もりをシュミレーションできるサイトもあるため、活用してみるのもいいかもしれません。

Copyright© 2018 屋上には防水加工が必要不可欠【より長く良い状態を保てる】 All Rights Reserved.